5月 272014
 

現在、数多くのバラエティー番組に出演し再ブレイク中のヒロミ(49才)。

最盛期にはレギュラー番組10本、最高月収6000万円という“超”が付く人気者となったが、2004年5月、『発掘!あるある大事典』(フジテレビ系)の司会を降板すると、一気にレギュラー番組を失い、テレビで見かけることが少なくなっていった。

 

最近になってヒロミはその理由を、「芸能界でレギュラーとか、何かめんどくせえなって。40才過ぎたら疲れちゃって。芸能界いいかなみたいな。商売みたいなのを何かやってみるかな」と語っているが、降板の本当の原因となったのは、同番組で8年近くコンビを組んでいた大御所・堺正章(67才)を怒らせたため、と報じられている。

この記事の続きを見る