5月 292014
 
90783_234_dfcf02c9_92e84beb-cm

数年前にテレビ界から姿を消したものの、見事再起に成功したウッチャンナンチャン・内村光良。

4月からは、内村がメイン出演するNHKのコント番組『LIFE!~人生に捧げるコント』(木曜午後10時~10時45分)がレギュラー番組に昇格したが、4月3日の初回放送から5.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の微妙なスタートを切るなど、視聴率は低迷している。

 

 

2012年にNHK BSプレミアムでパイロット版が放送された『LIFE!』は、13年6月からNHK総合テレビでの不定期放送を経て、レギュラー化。
4月からの本放送を前にした3月18日の放送では、午後10時台で2.6%と大コケ。
NHKとしても満を持してのレギュラー化だったとみられるが、4月の初回から5月中旬までのデータでは3.8%~5.5%と“消費税率割れ”となっている。

 

「5月8日には、日本維新の会の中田宏衆院議員が3月の衆院総務委員会で『NHKの番組が低俗になっていないか』と批判したことを逆手にとった、『NHKなんで』というコントが放送されましたが、この回も4.3%と数字は伸びませんでしたね。同局のコント番組といえば、ウッチャンナンチャンと同じく『お笑い第三世代』のダウンタウン・松本人志の『松本人志のコントMHK』が10~12年まで不定期放送されていました。こちらは、月イチで放送されたレギュラー版(午後11時30分~11時59分)は5回とも2%台で終了しています。『LIFE!』の方が放送時間は少し早いものの、低視聴率が話題になった『MHK』よりも数字を獲れていることが、せめてもの救いかもしれませんね」(芸能ライター)

 

また内村は現在、MCとして『スクール革命!』『世界の果てまでイッテQ!』『笑神様は突然に…』(いずれも日本テレビ系)、『内村とザワつく夜』(TBS系)、『そうだ旅(どっか)に行こう。』(テレビ東京系)と、5本のレギュラー番組を持っているが、ゴールデン枠では『イッテQ!』以外の番組が軒並み低迷している。

 

「テレ東の『そうだ~』は、5月13日の2時間SPが3.8%と低視聴率で、当日は午後9時から放送されたTBSの『ザワつく夜』も5.6%でした。その『ザワつく夜』も、昨秋、深夜からゴールデンに昇格したのに一桁続きで、『笑神様』も今年に入ってから二桁に届いたのは、2月に11.0%、10.3%を獲ったのみ。『ザワつく夜』『そうだ~』『笑神様』の3番組は、通常放送で一桁後半の低空飛行のため、どれも“いつ終わってもおかしくない”という状態です」(同)

 

レギュラー本数は多いものの、MC番組やNHKのコント番組で立て続けに低視聴率を記録している内村。『LIFE!』レギュラー放送化に当たり、今年の7月で50歳になることもあって「50代の代表作にしたい」と意気込んでいたが、果たして民放・NHKともに内村のレギュラー番組はどのくらい続くのだろうか?

※livedoor newsより
http://news.livedoor.com/topics/detail/8879771/

 

■コメント

ウッチャン、面白いんだけど、周りのゲストが面白くないんだよね。
ウッチャンがいじりやすいのを集めるからだろうけど、シュールな奴らが集まるから
結局、コントもシュールに終わって、馬鹿笑いが取れないってことだろう。

Sorry, the comment form is closed at this time.