5月 292014
 
d0e94_188_0dc987f4_a8c64eca-cs

28日放送のテレビ朝日系「マツコ&有吉の怒り新党」で、有吉弘行が「おバカタレント」への批判に真っ向から反論した。

 

同番組には、視聴者から「あるタレントのおバカ発言を笑うことに心が痛いです」「バカ発言をみんなで笑っているというのは、人を見下している行為であって、本当に笑わせているのではないと思います」というお便りが寄せられていた。

 

 

これを受けて有吉は、「上島さん言ってたよ。笑われても笑わしてでも、何でもいいんだよ。人の笑顔が見れればいいんだよ」と、お笑い芸人・上島竜兵の言葉を紹介し「鈴木奈々ちゃんとかのことを言ってるんだと思うけど。鈴木奈々ちゃんは全然それで幸せだと思ってると思いますよ」と、「おバカタレント」と呼ばれる芸能人たちを擁護した。

 

マツコも「(おバカタレントは)笑わせようとして、笑われてるんだよね」
「ちゃんとそこに計算があった上での、笑われてるだから」とこれに同意。

 

さらに有吉は「俺は見下して笑ってなんてないよ。『さすがだな』と思って笑ってるしね」とおバカタレントを賞賛し、「全然真っ向から違うわ」と視聴者の意見に憤りをみせた。

 

また、低身長症のプロレスラーによる「ミゼットプロレス」を引き合いに出し「ミゼットレスラーのことを思うと本当辛いわ、俺…」「『可哀相だ、見せ物だ』って言って、あの人たちの職を奪ったりしてさ」と語り、最後に「笑われてるから可哀想だなって思うのが間違いですよ。それで飯食ってますから我々、邪魔しないでください」と締めくくった。

※livedoor newsより
http://news.livedoor.com/topics/detail/8879771/

 

■コメント

有吉が言ってることは当然だ。

だいたい最近の日本は、こういう変なクレームが多すぎる。
わざわざ番組に抗議するほどのもんか?

芸人なんて笑わせてなんぼ、笑われてなんぼだろう。
いちいち、こんな抗議すんなボケ!!

Sorry, the comment form is closed at this time.