7月 092014
 
fa863_1401_c8e65bff_ff6cfa09-m

公開中のホラー映画「呪怨-終わりの始まり-」の大ヒット御礼イベントが9日、都内で行われ、女性お笑いコンビ、日本エレキテル連合らが出席した。

おっさん役の中野聡子(30)は、なぜか兵庫県の「号泣県議」こと野々村竜太郎県議(47=無所属)に対抗心をメラメラ。

「ののちゃん(野々村氏)ネタ、正直おもしろい、私たちのネタよりおもしろい。商売あがったり。脅威だったよ。あんなの、のさばらせちゃダメ。ダメよ、ダメダメ」と、コンビの鉄板ネタに絡めて笑わせた。

 

 

イベントには、劇中に登場する怨霊の伽椰子(かやこ)、息子の俊雄も登場した。
伽椰子と似た白塗りの顔がトレードマークの橋本小雪(29)は「すごい無表情を見てビックリ。勉強になりました」と、謙虚に答えた。

 

作品は公開5日間で動員10万人を突破しており、興行収入5億円も見込める好スタートを切った。
伽椰子は「あああぁ…うれしやぁ…」と、無表情ながら声の限りに喜びを表現。

中野は「面(つら)が白いと書いて『面白い』と読む。面が白い人が出ているのに、おもしろくないわけがない」とドヤ顔で言い切った。

※livedoor newsより
http://news.livedoor.com/article/detail/9024662/

 

■コメント

ののちゃん、しばらくネタにされるだろうな
アンガールズ田中がもうすでにモノマネを準備しているという噂だし。

政界やめて芸能界に入ればいいのにw

Sorry, the comment form is closed at this time.