5月 292014
 
b17e0_97_f80bae40_3f57ff2a-cm

24日放送のラジオ「キョートリアル! コンニチ的チュートリアル」(KBS京都)で、お笑いコンビ・チュートリアルの福田充徳が、ひったくり事件の目撃者として事情聴取を受けていたことを明かした。

 

福田が事件に遭遇したのは、ラジオ収録の2週間ほど前のこと。夜の10時40分ごろ、福田が暗い道を歩いてると、大きな叫び声が聞こえてきたという。

 

さらに、走る二つの影を目撃した福田は、はじめは子供が追いかけっこでもしていると思ったそうだ。しかし、一人が福田の前を通り過ぎた後、もう一人が「カバン盗られた!カバン、盗られた!お願い助けて!」と片言の日本語で助けを求めてきたため、ひったくりと気づいたそうだ。

この記事の続きを見る

5月 072014
 

帯番組に出演するMCの収入は破格だ。

例えば、古舘伊知郎の『報道ステーション』(テレ朝系)のギャラは1本200万円、
加藤浩次の『スッキリ!!』(日テレ系)は1本60万円、
羽鳥慎一の『モーニングバード!』(テレ朝系)は1本80万円といった相場である。

 

また、フリーか局の社員かで収入に雲泥の差がつくのが、女子アナの世界である。

2011年1月に日本テレビを退社した夏目三久は、女子アナ界新女王と名高い。
局アナ時代の年収800万円が、いまや3億円とも。

この記事の続きを見る

5月 072014
 

昨年、堺雅人主演で、最高視聴率42.2%を記録し大きな話題となったドラマ『半沢直樹』(TBS系)。
その後、TBS局内では、続編の話が沸いては消え、沸いては消え、という状況が続いているのだという。

 

「4月期から、『半沢直樹』の原作者である池井戸潤氏のドラマが、同時に2本も始まりました。
『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)、『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS系)ともに好調な滑り出し。
そのため、『半沢直樹』の続編を望む声は日増しに大きくなっている」(TBS関係者)

 

TBSは『半沢直樹』と同じスタッフで、『ルーズヴェルト・ゲーム』を
制作しているが、なぜ『半沢直樹』の続編が実現していないのだろうか。

 

「さまざまな事情があって、話が前に進まないのでしょう。
ただ、堺側としては続編を撮ることの危険性も十分に考慮に入れている。
もちろん、続編が1期を上回ることもありますよ。

昔だったら『3年B組金八先生』(TBS系)、『教師びんびん物語』(フジテレビ系)、
最近だったら『ドクターX』(テレビ朝日系)などは1期よりも2期に良い数字を残しています。

 

この記事の続きを見る